メンズ

音楽の腕を磨きたいならピアノレッスンに通うのがいい

養成機関で学びます

男性

国家資格が必要です

言語聴覚士とは言語や聴力に不自由のある人に対して、言語能力や聴力能力を回復させるためにリハビリテーションを行う専門職です。障害に対する問題や発症メカニズムを明らかにし、対処法を見出すことが主な仕事内容です。そのために様々な検査やテストを行い、その結果をアセスメントします。そして必要に応じて障がい者に訓練や指導やアドバイスなどを行います。言語聴覚士は国家資格であり、試験に合格しなければ仕事に就くことができません。しかも誰でも国家試験を受験できるわけではなく受験資格があります。言語聴覚士の養成課程がある学校で学んで所定の単位を修めることで、国家試験の受験資格を得ることが出来るようになります。リハビリの重要性が増す中で、言語聴覚士の養成課程がある学校は全国各地に存在します。

養成機関の選びかた

言語聴覚士の歴史はまだ浅く、社会的な認知度はこれから広がっていくでしょう。しかし全国各地には言語聴覚士の養成機関が存在しており、学べる場は広がっています。言語聴覚士の養成機関に通って所定の単位を修めなければ、国家試験が受験できないため学生は一生懸命勉強しています。養成機関には3年制の短大・専門学校と4年制の大学・専門学校があり、どちらを選ぶのかが重要な点となります。言語聴覚士は仕事の領域がとても広いといわれています。そのため、幅広い専門知識と十分な実習経験を積んでおくなら4年制がおすすめです。一方、なるべく早く資格を取って社会に出て実践力を身につけたいのであれば3年制が良いでしょう。このように将来の目的によって、選ぶ養成機関が変わります。