メンズ

音楽の腕を磨きたいならピアノレッスンに通うのがいい

自立した生活を支える

女の人

専門知識が必要

社会福祉士の役目は、身体上または精神上の障害や環境上の理由で日常生活に支障をきたしている人の福祉に関する相談を受け、自立した生活を送れるように必要な助言や指導を行いながら支えることです。介護福祉士が入浴などの介護業務を専門とするのに対し、社会福祉士は環境や精神面の指導・助言に当たるのが特徴です。実際の業務では法律や制度など専門知識が必要とされます。各種福祉施設をはじめとして、保健・医療機関・福祉事務所などの行政機関、在宅ケアサービスなどの民間企業などで活躍したい新潟の人に人気の国家資格です。国家試験の合格率は極めて低く相当難易度の高い試験です。知識だけではなく新潟の福祉現場での経験も重要となります。

資格を取得するには

新潟で社会福祉士の資格を取得するには国家試験を受ける必要があります。受験するためのコースは様々あり、まず4年制の福祉系大学などで指定科目を履修した後国家試験を受けるコースがあります。4年制大学の場合、実務経験は必要ありません。福祉系の短期大学で指定科目を履修した場合、相談援助実務を1年以上積まなければなりません。2〜3年制の福祉系短期大学・専門学校などで基礎科目のみ履修した場合、実務経験と半年間の養成施設での履修が必要です。一般の大学を卒業した場合には1年の養成施設での履修が必要になり、一般の短期大学・専門学校を卒業した場合には実務経験と養成施設での履修が必要です。尚、新潟で相談援助実務を4年以上経験している場合には学歴を問われず社会福祉士を養成する施設を卒業すれば受験資格を得られます。